スポンサードリンク
最近の記事

2013年07月14日

ライティングスキルなどという大袈裟なものは要らない

アフィリエイトの基礎とは何かと言われるとかなり難しいのですが、どうやったら商品が売れるのか?という所に還元してみましょう。



そもそも物や商品が売れていくというのは需要があってはじめてその物が売れるという事が起こります。それは当たり前なのですがサイトアフィリでは、なぜか結果を出せない人が多いです。



アフィリがそんなに難しいからなのでしょうか?決してアフィリエイトが難しいというわけではありません。問題は継続が出来るか出来ないか???という事にあります。



よくライティングスキルが必要だといわれる事がありますが正直ライティングスキルなんて殆ど要りません。なぜなら、あなたのサイトに来る人は、何かのキーワードをキッカケにしてあなたのサイトに辿り着くという事が一般的です。



そして、そこにキーワードをきっかけとして訪問するという事は、その訪問者はそれについて何かを知りたい、情報を得たいという可能性が高いわけです。もっと言えば、あなたが単に淡々と書いた文章であれ訪問者にとっては知りたい情報であるという可能性が高いですし、訪問者にとっては有益な情報になりえるのです。



この事を知っていると、あなたに物凄いライティングスキルが無くても良いという事を理解して頂けるのではないかと思います。



そこまで大袈裟なライティングスキルなんてものは要らないのです。あなたは、普通の文章を普通に書いていれば、それを知らないユーザーにとっては貴重な情報となるという事です。



そして、さらに忘れてはならないのは集客のないところに売上げはないという事です。この事をアフィリエイトであると忘れてしまう人がとっても多いです。2、3個のブログを作った程度でアフィリエイトは売れないと言って撤退していきます。



でも、それでは売れるわけはありません。そこそこの時間ブログやホームページの記事内容を充実させていくという事をしなければ絶対に売れる事はありません。なぜなら、誰もあなたのサイトを見てくれていないからです。もっと詳細にこの部分を言えば、ほんの数人しか見ていないのに、アフィリの商品が売れていくという事はかなり少数という事です。



だから、どのようにしたら、あなたの書いたコンテンツを読んでくれるのか?どうしたら、あなたのサイトに訪問者が増えるのかという事を考えなくてはなりません。この点について、記事を単に増やすという事ばかりではなく外部リンクの獲得も重要となってきます。



はじめのうちはリンクを送っても、すぐに検索エンジン上のキーワードに引っかかるわけではありませんが、関連サイトを作り外部リンクを作っていくことで集客が自ずと出来るようになってきます。なので売上げを急ぐ気持ちが分からないわけではありませんが、まずはサイトをたくさん作るという事が重要です。なにより外部リンクを送るためのサイトをたくさん持っている事が、あなたのアフィリに於いて売上げという結果を生み出すために近道となっているわけです。



ですから、はじめのうちは売上げを上げるというよりとにかくサイトを作る事が重要です。そしてなるべくボリュームの大きなサイトを作る事が望ましいです。なぜなら、文章量が多いサイトの方が評価されやすいからです。



そもそもSEOの外部リンクとして機能させるために作る外部リンクブログは、そのサイトで商品を売るという事ではなくあくまでも、外部リンクを送るためのサイトですから、とにかく数を作っていかなければなりません。それを作っていく間にアフィリをそのサイトにかませていれば、ある程度の収入になってくる可能性は極めて高くなりますし、外部リンク用のサイトとして使えるのでかなり有利に働く事になります。



ですから、アフィリエイトをはじめる準備として私がススメたいのは、あなたの好きな商品をピックアップして、その商品1個に対してひとつのブログをつくり、それを10個ほど作っておけばまずはじめのうちは充分かと思います。



まずはアフィリ商品を扱ったブログを10個程度をしっかりとしたコンテンツを入れて立上げ下さい。まずは、ここからがスタートです。



posted by SEOが最重要 at 04:34| Comment(0) | アフィリエイト 初心者ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月11日

情報商材に騙される前に読むべき一般書籍はたくさんある

SEOに興味のある方は絶対に情報商材を買った事があると思います。もちろん、中には役に立つ情報商材もあります。ことSEOに関しては正しいやり方というものは存在していませんので経験側によるところが多く、誰かが行った方法で効果のあるものを試してみるという事が大変に有効であるという事は事実です。

けれども、情報商材の殆どのものがゴミのような内容であると言えます。インターネット系のアフィリエイトを教えるものでも、優良と言える内容のものはかなり少ないと言えます。でも、一定の方法を知る事は出来ますから、役に立つという事もあります。

けれども、いくつか情報商材を買っていると分かってくる事なのですが、アフィリエイトのASPのアフィリエイト講座などのコンテンツに書いてある事も少なくありません。

正直なところSEO系のノウハウというのは無料情報とGoogleが公式に出しているガイドラインのPDFだけで充分です。それくらいにSEOというのは奥が深いように見えて全く奥が深くありません。なので、基礎的な事やサテライトブログの作り方、アンカーリンクの貼り方という基礎の基礎を覚えておけば充分なのです。

それより大切な事が、どのような文章を書けば人が行動を起こすのか???という事です。また、あなたが書く文章で行動するのではなく、そもそもその商品が欲しい、特定のサービスに申込みたいという人が居る、つまりは絶対に商品名、サービス名で検索をしている人がいるというニーズが存在するという事の確認の仕方を覚えておくことが重要です。


アフィリエイトで物を売りたいという場合に最も大切なのはSEOが基礎であるという事はお話をしましたし、このブログの題名からも明らかだと思いますが、同時に大切なのが、どのような文章を書けば人が行動をしてくれるのか???どんなときに購買意欲をそそられるのか???という事が重要です。


そのような文章の書き方を、「コピーライティングで馬鹿売れする書き方」などと題して情報商材や、高額塾というように、馬鹿高い価格で売っていますが内容は非常にちんけなものです。文章の書き方も、おおよそ知的レベルが低いと言わざる得ないようなものが多いです。


ですから、人がどのようなときに購買意欲をそそられるのか?という事を知りたい方は、まずは、ここで紹介する一般書籍を読んでおくと良いのではないかと思います。


情報商材として売られているコピーライティングの方法論よりしっかりした内容であることは言うまでもありませんし、レベルが非常に高いです。
↓↓↓



情報商材と言われる2〜3万円で販売されているものよりレベルは100倍程度高いと言っても過言ではありません。本当の販売のプロが書いたものです。にわかでネットで稼いだ人間の書いた偽者専門家の書籍ではありませんから、日本の情報商材とは桁違いである事はいうまでもないのです。


なぜ、こんな簡単な事に気がつかない人が多いのか不思議でなりません。日本の情報商材の販売者の経歴をよくよく見て下さい。アフィリエイトで少し成功して月収100万円になりましたというような人ばかりです。でも、ネットで当たればそれくらいの収入は楽勝に入ってきてしまうのです。

それがインターネットの世界です。さらにSEOの世界です。だからこそ、継続をして諦めずに改善を繰り返していけば誰でもそこにいけてしまう可能性が高いというわけです。特別な能力を磨いている人々や本当のプロフェッショナルが多いという世界ではないのが日本のインターネットの情報商材の業界の人々です。中には本当のプロフェッショナルもいますが、殆ど90%以上の情報商材の販売者というのはプロではないアマチュアレベルであるという事をしっかり覚えておいて頂きたいと思います。

でも、アマチュアレベルでも継続して改善を続けて売れているものを売って、どのように紹介をするか???自分の作ったサイトをどのようにたくさんの人に見てもらえるようにするのかという事をしっかりと考えていけばアマチュアでも月収100万円なんて夢ではないというのがインターネットの世界なのです。

だからこそ、インターネットで月収100万円程度の収入で、「俺はスゴイ」「トップアフィリエイター」と言って自尊心を保っているような情報商材の販売者からノウハウのようなものを買っても、まあレベルが低いです。

ただ、知的レベルが低い人が100万円を達成した場合に書く情報商材は、体験に基づいてデータなしにただ体験を書くという傾向にありますから、インターネットで月に100万円稼ぐ事が出来た事例の一つとして見るぶんには大変に貴重な体験談であって事実であるという事も言えます。けれども、レベルは低いです。


戦略という事を学びたいという場合にも情報商材が腐る程出ていますが、戦略などに関しては絶対的に情報商材を買うべきではないと感じます。これも一般書籍である良い戦略、悪い戦略という書籍をおススメします。
↓↓↓



今回、紹介した二冊を読むだけで、情報商材の100倍以上の内容の濃いプロフェッショナルの思考を学ぶ事が出来ます。しかも、費用対効果で考えてみて下さい。二冊を一気に買ったとしても5000円もかかりません。情報商材では内容も薄く、プロフェッショナルでもない意味の分からないコンサルがつくなどの特典があるだけです。そんなコンサルを聞いても役に立ちません。


それを聞くよりも、低レベルな情報商材と呼ばれる費用対効果の薄い情報商材を買うよりも良質なレベルの高い内容のしっかりとした一般書籍からビジネスを学んで頂きたいと思います。ただ、この一般書籍を読み解くのには、そこそこの読み手のレベルも要求されます。けれども、それが分かる程度になっている必要があるという事も理解して下さい。


あなたに、必要なのは「簡単に稼げる」という売り文句のキャッチーなレベルの低い、情報商材ではなく良質なビジネスの一般書籍です。又、大学のテキストレベルの学術書です。販売戦略を知りたいのであれば、統計学的に裏づけされた学術書を読むべきでしょう。学術書籍コーナーの大学で使われるような学術書が高いと言っても一冊5000円程度が相場です。


無駄な情報商材に惑わされず、あなたに必要なのは上質なレベルが高く費用対効果の高い一般書籍です。おそらく100倍以上のデータから裏づけされた一般書籍や学術的に統計が出ているデーターを検証しまとめた学術書が情報商材の内容に負けるわけがありません。


この当たり前を理解して下さい。いつまでもレベルの低い情報商材の「簡単に稼げる」という言葉に踊らされていては、あなたはいつまでたってもネットで稼ぐなんて夢のまた夢でしょう。

まず、あなたが本気なのであれば一般書籍を読み理解出来るレベルにまで持っていって下さい。より高いレベルから情報商材の体験談を読むのであれば、その情報を検証出来ますし、新しい発見をする事が出来ますが、あなたの知的レベルが低いまま、レベルの低い情報商材を読んでも全くえるものはありません。


まずは、ネットで稼ぎたい、独立したいと、起業したいと思っているのであれば、あなたは一般書籍を読み解ける知的レベルになってください。また、必ずアフィリエイトで稼げるようになって下さい。有名な一流の会社の商品も売れないのに独立して自分の商品やサービスなんて売る事が出来るわけがありませんから。
posted by SEOが最重要 at 05:56| Comment(0) | 情報商材に騙されるな | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月04日

SEOの基本の基本の基本とは???

SEOのブログを書いておいて、こんな事を言うのもなんですが、細かい事を考え過ぎずにしっかりとしたコンテンツを入れていくだけで充分にSEOの対策になります。


ただ覚えておいた、より良いという事があるに留まるだけの話でSEOって特に答えなんてないんです。色々な事を言っている人がいますが、結局はテクニックでも何でもないのです。ただ、しっかりとした情報が欲しいという事に留まっています。


そこに、機械的なアルゴリズムというものがあって、それを独自に検証していった結果現在有効なものはこれですよ!!というに留まります。


でも、よくよく考えてみて下さい。確かに機械的な部分でリンク構造などのお話はもちろん有りますし、100%目視でグーグルが判断をしているわけではないので、ある程度はアルゴリズミックな部分はあります。でもですね、一気にブログの記事を入れたら、それはダメなのか???


そんなわけありません。不審に思われるでしょ???ってい言う人がいますが、そんな事は後ろめたいリンク構造を貼っているからに過ぎませんよね???


もっと突っ込んで言いましょうか?各大企業はそれぞれの特設サイトを持つ事が多いです。そのサイトには自社の商品、サービスのリンクが張り巡らされています。それが不審でしょうか???そんなわけありませんよね???


なので、特段自分の作ったサイト同士をリンクするからスパムになるのではなく、しっかりしたコンテンツが入っていないという事がスパム行為に当たるという事です。けれども、多分同じ人が作っているとわかるサイト同士のリンクであっても、それがスパムになるって変な事です。


例えばですよ。


「らっこさん」というWEB上の名前で活動している人がいて、その人は、法律学博士でもあり、言語学博士でもあるという人がいたとしましょう。


その人が「らっこさん」の製作サイトとして法律と言語のサイトを公開して、別のドメイン、それぞれを作って相互リンクしていたとします。その際にスパムになるというのは変な事でしょう???それは、この「らっこさん」がもっと掘り下げて、初心者のための言語学、初心者のための法律学、博士と法律などそれぞれのサイトをどんどん増やして公開していく中で、らっこさんは自分の製作したサイトを管理しやすいように、リンクをするはずですし、又、自分は他にもこのようなサイトを作っているよ、公開しているよという事を訪問者に伝えるためにリンクをして、カテゴリー別に見やすくしたりするでしょう。


それがスパムになると思いますか???


これがスパムなんてなったら大変な事ですよ:(;゙゚'ω゚'):


馬鹿も休み休み言いなさいよって感じですよね。なので、SEOなどで、いきなりたくさんの記事を入れるてリンクを送る事がスパムになりますって話は殆ど都市伝説レベルの話です。グーグルがそんな話をした事はありません。またSEOという検索エンジンに対して自分のページが有益であるという事を示すための試作を不定はしておらず、よもや「肯定」をしているほどです。


ただ、本当に約に立つサイトを紹介したり、リンクを貼ったり、関連性が高くそちらのサイトに書いてある内容を理解するとよりよくリンクしてある一方のサイトのことが理解出来るなどのメリットがある場合には、それを評価するというような内容の事を言っていますよね。


また、SEOという専門知識に基づいてある程度検索エンジンに対して適切にアプローチできる人間は必要だとグーグルは明言しています。これは公式に言われた事です。


なので、しっかりしたサイトでコンテンツが入っていれば良いという事です。アルゴリズムというプログラム的な部分で判断されるので、一定期間の間は、「だいたいこんな反応を検索エンジンが示す」という事はありますので、それに従ったほうがより早くインデックスされる可能性もあれば上位表示される可能性もありますが、例えば、ホームページをHTMLで組む事は面倒だから、ブログでいくつか専門サイトを作ろうという人がいて、一日に一気に100記事入れたブログを、50個作ったとしましょう。データは全てテキストで書いてあったので、ブログの体裁を決めて、カテゴリーを分けてという行為をしたとしたら、別に無理な話ではありません。


そして、それぞれ、その他専門サイトの紹介とか、そういうページを作ったりしてリンクを貼ったとしましょう。これがスパムになりますかね???


一日で大量に約に立つ、関連性がそれぞれにあるので、それぞれを分かりやすくするために自分のサイトから自分のサイトにリンクを貼り、それぞれの記事はしっかりしている、サイトが1日で50個出現し、総記事数5000個のサイトのリンク構造が表れたとして、それがスパムでしょうか???


はじめの判断は、もしかしたらスパム判定が出るかもしれません。今ではグーグル側からスパムと思われるリンクが貼ってあります、というメールが届きますよね???それは、もしかしたら届くかもしれません。でもそれ以前に目視が入る可能性の方が高いと思います。そして、それぞれの内容自体はしっかりしているコンテンツ同士がリンクをされていて、それをスパムって言いますかね???


それに時間的な事も、不自然というのも、あくまでも普通のブログ運営では不自然というに留まるわけで、少しづつ公開していく方がよもや珍しい事ではないでしょうか。HTMLのホームページ自体を公開しつつ少しづつ更新していくというのは、そもそもは検索エンジン認識されるまで時間がかかるからという理由がありました。


でも、ですね!!


ある程度の規模の企業が少しづつサイト構築をしていく事って殆どないのではないでしょうか???1ヶ月ほど外注に出して、そして一気にサーバーにアップロードする方が一般的ですよね。


なので、正直、後ろめたいリンクを送っている人がスパム スパムと騒いでいるだけの話で特段意識しなくても良いというのが私の考えです。


結局は何かを誤魔化したい、グーグルを欺いて上位表示したいという後ろめたさからそのような事になるだけの話で、特段意識しなくてもSEOってしっかりとコンテンツを入れて、訪問者に対してよりよく情報を提供出来るようなリンクが貼ってあって、というしっかりしたサイトをスパム扱いはしませんよ。


ましてや、ブログなどのサイトを一気に数記事入れてリンクをし合うという事でスパムになるというのは、内容の薄いどうでも良い事をSEOのためだけに書いているからでしょう???


違いますか???普通に書いて、普通にしていれば特段意識する事もないと思いますね。でも、SEOをしっかり意識して、行いたいというのなら、バックリンクになるサイトも本腰を入れたサイトにするというのが最も究極のSEOではないでしょうかね。

posted by SEOが最重要 at 16:53| Comment(0) | SEOの概念 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月17日

被リンクを自分で集める

SEOは具体的に何をするの?という記事にSEOの最も大切な部分は被リンクを集めることであると書きました。

被リンクとは、「リンクをこうむる」と書くわけですから、その感じの意味の通り、誰かにリンクをしてもらう事に他なりません。でも最初は自分でリンクを集めなければならないともお話をしたと思います。

もちろん有料のサービスに入っても良いのですが、それはあくまでもSEOの基礎が最低限分かっていて、どのようなキーワードを選ぶのか?また、具体的にSEOとは何をする事なのか?という事が理解出来てからサービスに被リンクのサービスに申し込まないと失敗しますから、まずは自分で行ってみて欲しいわけです。

「被リンクを集めるとはどういう事か?」
被リンクを集めるには、どうしたら良いのか?具体的な方法としてどのような被リンクを集める方法があるのでしょうか?まずは自分で行うという意味で無料のサービスで考えてみましょう。

@ソーシャルブックマークに登録する
Aブログランキング・ホームページランキングに登録する
B自分でサイトを作成して、そこからリンクを送る


大まかに分けると、この三つになります。最も面倒だけれども効果が高い方法がB自分でサイトを作成してそこからリンクを送るです。

もちろん、Bはサイトを作るだけでなく@とAをBに対しても行うわけですから、効果が最も高いものになるという事です。

SEO目的で作るサイトの俗にサテライトサイトとか言ったりします。けれども、サテライトサイトと言いつつも最近では、リンク先の情報を補足するようなサイトを作ってリンクを送るという事が主流となっています。なぜなら、サイト自体の存在価値がなければネットの世界で役に立たないと判断されて検索エンジンが評価を下してくれないからです。

また、コピペで外部サイトの数を作っても効果はありません。それどころかスパムになりますから、検索エンジンから嫌われてしまうという事なり、最悪な場合、検索エンジンのインデックスから削除されてしまします。

【スパムについて】
スパムを妙に意識し過ぎるネット初心者の方がたくさんいます。ある意味外部サイトを製作して自分のページにリンクを飛ばすというのは自作自演ではないか?という考え方から、そのように神経質になるのだと思いますが、スパムというのは悪質なものの事を言うだけの話ですから、リンクを送るサイト側の情報を捕捉するような有益な情報が掲載されている外部サイトを作成してリンクを送るという事は検索エンジンとしてもそうですし、検索するユーザー側からしても有益な事なのです。

いくらSEO的にそれを行っているとは言っても、例えば上位表示したいサイトが「掃除機」がキーワードになっていたとして、そのサイトには掃除機のスペックのことと、商品のウリしか書いていないとします。

あなたが外部サイトで「掃除機の裏技的使い方」なんていうサイトを作ってリンクをする事って無意味で無価値な事でしょうか?掃除機の裏技が何かを置いておくとして、その裏技を知りたい人もいますし、掃除機でそれが可能になるというのなら、リンクを送っている掃除機のサイトにも有益な事です。

ですから、それはスパムではないという解釈をするべきことであると考えられますよね。ようは、ちゃんとした情報を掲載して下さいねというグーグル側の要望であって、巷で騒がれるペンギンアップデート・パンダアップデートなどを気にする必要はありません。

違う内容で関連する有益な情報の外部サイトを作ってリンクを送るという事を持ってスパムになるとはgoogleは言っていません。よもや、そのように関連する違う情報が掲載されてリンクが送られているという事は検索者側からすれば有益な事に他ならないという理由から、SEOという方法論を持ってその情報を必要とする人々に対して有益な情報を与えられるようにする対策をgoogle自体は否定をしていません。

中には、自分でサイトを作って自分のサイトにリンクを送る事がスパムと勘違いをしている方がいますが、それは間違った考え方なので、SEOを本気で行いたいと思っているのなら、その間違った考え方を改めてください。

また、インターネットの場合には急激に被リンクが増えるという事もあります。何かのきっかけで爆発的にコンテンツが読まれる事があります。その際に被リンクは急激な増加を見せる事になりますから、急激なリンクの増加が一概にスパムになるわけではありません。

基本インターネットのリンクは誰もが簡単につけられるものですし、自分のサイトにリンクを出来ないように制限をしてしまうというのは、ホームページやブログなどを公開していないとい状態ですから、基本的には外部からなされるリンクというのは自分で操れる部分もあればそうでもない部分があります。だから、リンクが少し急激に増えたという事をもってスパムになるわけではありません。

この当たりは細かく検証しても何の意味もありませんから、あくまでも被リンクの増加というのはサイトの運営上の相対的なものであるという事を頭にいれておいて下さい。

ただ、ここで一つ頭の片隅に入れておいてもらいたいのが関連サイトを自分で作ってそこからリンクを送るという事をスパムだと勘違いしている方は、それは間違っていますからやめてくださいという事です


被リンクとは外部のサイトからリンクをしてもらうことであると理解して頂いていると思います。つまり自分で登録をしたとしても、外部のサイトからリンクをされている常態になればそれで被リンクとなるわけでえす。

そこで手軽に行えるのが@ソーシャルブックマークに登録するというのが良く言われている事です。今はそこまで効果があるとは言えないとも言われていますが、やらないよりはやってあるサイトの方が評価が高くなります。

前後してしまいますがソーシャルブックマークとはどのようなサービスかというと、自分のお気に入りサイトをオンライン上で公開できるというサービスです。昔は結構たくさんの種類があったのですが、結構サービスとしては終了する企業も出てきましたが、まだまだソーシャルブックマークのサービスを続けている企業はたくさんあります。

【主なソーシャルブックマーク】
yahooブックマーク
はてなブックマーク
Bookまーく
Buzzerl
newsing
イザブックマーク

これくらい知っておけば充分であると思います。また最近では、はてなブックマークはブログも書けるようになっていたり、SNS的要素を取り入れて交流が出来たりと応用範囲がとても広いサービスとなっていますから使い方を工夫すれば、かなり良いサービスであると言えるでしょう。

けれども、これだけのブックマークなどを行う場合にはかなり面倒なのです。登録するだけでも一苦労ですしフリーのメールアドレスもたくさん必要になります。

なので、有料ソフトですが私はアフィリキングというソフトを使って自動登録をしています。yahooのメールアドレスの取得から各ブログ、ソーシャルブックマークに登録をしてくれて、パスワードをエクセルで自動的に吐き出してくれるソフトです。

全部無料でも出来るのですが、後々にどうせ必要になるというよりアドレスの登録などの作業だけで疲れてしまうという事になって、このような登録ソフトを使う事になりますからアフィリキングだけは購入しておくと良いのではないかと思います。







私がアフィリキングで使用しているのは各ソーシャルブックマークのアカウントとyahooのメールアドレスの取得の時に、これを使っています。使い方によってはかなり面白い使い方も出来るのだと思いますが、私は自動のアカウント取得に使っています。

とにかくたくさんのフリーメールアドレスを取得して、ソーシャルブックマークやブログのアカウントも登録するのが無料で行うSEO対策ですから、ツールを使って管理が出来たり簡素化できる部分はこのようなものを使った方が作業の効率があがりますから、購入を検討して下さい。


一応これで自分で被リンクを集めるという項目について説明を終わりたいと思いますが、何か質問や分からない事があったらコメント欄にコメントを残して頂ければと思います。少しばかり初心者の方にとっては意味が分からない文章もあったかもしれません。


分からない言葉などの意味はgoogleで調べてみてください。googleで自分で調べる事によって、再びなんで検索エンジンを使うのだろう?というところに戻って考えてみて下さい。すると、SEOがおぼろげに見えてきます。

では、この内容の説明はこれまでとしたいと思います。お付き合いいただきまして誠にありがとうございました。
posted by SEOが最重要 at 06:54| Comment(0) | SEOとソーシャルブックマーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

SEOは具体的に何をするの?

SEOと良く言われる、検索エンジン対策とはすなわち何をすれば良いのでしょうか?具体的に何をどのようにすれば検索エンジンの上位表示にいくようになるのでしょうか?

色々な情報がたくさん出回っていますが、結局のところ検索エンジンの順位の重要な要素は極論的には、たった一つしかありません。

被リンクを集める事です。

たったこれだけしかSEOというのはないわけです。被リンクとは何かと言うと、他のサイトから自分のサイトがリンクをされている事を被リンクと言います。

どのような事か例を出します。
↓↓↓
完全成果報酬型SEO


これがリンクです。これは私が、このサイトに飛べるようにリンクを送っていますから、このリンクされているサイト側がリンクを受取っている形になりますから、相手方のリンクとなります。つまり私のこのサイトから送れられているリンクを受取っている相手とって私のこのブログからのリンクは「被リンク」であり 私にとっては「発リンク」という事になります。

「被リンク」と「発リンク」という言葉を良く覚えておいて下さい。これはSEOを学習していく上で良く使われる言葉でこの意味を知らないと、SEOの学習は全く出来ません。

私のこのブログが誰かから上記のリンクのような形でリンクをされることで、私は「被リンク」を受取っているという事になります。この被リンクをたくさん集める事がSEOでは最も重要であると言われていますし、極端に言えば、この被リンクに頼るしかgoogleもサイトの順位を決める要素が存在しないわけです。

もちろん、そのサイト自体の情報量の多さというのもとっても大切な事にかわりはありませんが、しっかりしたサイトを作るのは当然の事ですから、同じレベルのサイトで同じキーワードのサイトがあったとしてどのように順位をつけるか?と言ったら、より多くのサイトからリンクをもらっているサイトを上位に表示するというのが検索エンジンの検索結果の基本となっています。

SEOを行うに当たって、自分で対策をするという事を実感して頂きたいので、特定のキーワードをひとつ決めてブログを作成して下さい。そして、リンクが自然につくことなどまず有りえませんから、自分でリンク用のサイトも作成するのです。それで被リンクを得るのです。

いまSEOといった際に一般的に行われているのは、自分で外部サイトや関連サイトを作成して自分のブログやサイトにリンクを送るという事です。しっかりした外部サイトを作って、その内容自体がしっかりしているものであればスパムと言われる悪質だというサイトにはなりませんから、気にせずつくってください。Google自体も、良質なサイトを作成しリンクを送る事を否定していません。よもや、そのように対策をして良いサイトが表示される事は検索エンジンにとって好ましいという事を言っています。SEOを否定しないとgoogleは明言しているのです。


では具体的にあ行って頂く事を書きます。

「脚やせ ダイエット 3日間」などのキーワードを考えて下さい。そのキーワードを元にして、ブログを3つ作成して下さい。記事を700文字程度で5つ入れて下さい。記事は絶対にコピペしてはいけません。それぞれ内容は同じでも、必ずリライトをして記事を作成したブログを作って下さい。記事数は各ブログに5〜15記事入れて下さい。

つまり行う事を下記に箇条書きにすると
@キーワードを決める
A無料ブログに3つ登録する
B記事を入れる
Cそれぞれのブログをリンクし合う


【ブログ作成について】
・ブログのタイトルには必ずキーワードを盛り込む事
・各記事にもなるべくキーワードの言葉を入れること
・各ブログをリンクし合うこと

まずは、これを行ってみてください。あくまでも簡単なエクササイズですから、気軽にやってください。特に細かい事は気にしないで、まずはブログを作成して下さい。細かい事を気にしていても仕方ありません。とにかく、サイトやブログを作成するのです。やってみなければ何もはじまらないのですから、まずはやってみる事が大切な事です。


もちろん、これをやってみて検索エンジンの上位表示をされる人もいれば、そうではないという人もいますがキーワードによって、上記の対策だけで良いのか???それとももう少し対策が必要なのか???という事は異なってきますから、全てのサイトが全て上がるわけではありません。


検索エンジンで何かを調べた際に、ヒットする件数が少ないものがありますよね?そのようなヒットする件数が少ないキーワードを選んでブログを上記の方法で作成してリンクしあってください。大抵5万件以下くらいの検索結果のキーワードであれば、概ね上記くらいの対策で上位に表示されるか2ページ目くらいまでは検索エンジンの順位があがります。

もし上がらないのであれば、ブログの数を増やしてリンクを送ってみてください。そうすると、リンクを増やすたびに上がっていくという感覚を覚える事が出来ます。

極論SEOはこうしてリンクを増やしていくという事以外に対策方法はないのです。けれども、皆が小難しく何かを言っているのは、この被リンクをどのように効率よく誰かから貰うか?という事を追求していくから小難しい話になってくるのです。

だから、まだ初心者のうちは基礎の基礎もないわけですから、自分で自分のサイトの被リンクをつけていくという事を覚えて下さい。これが出来なければ、基礎が出来ていないという事に他なりませんから、次の段階に進むことも出来なければSEOをマスター出来ないばかりかアフィリも出来ませんし、ネットマーケティングも体得する事が出来ません。

ですから、この記事に書いた事は必ず行って下さい。そして下記のようなSEOのサービスもあるのですがこのようなサービスに申し込むのにも、もちろんSEOの基礎知識がなければ、ネットマーケティングの知識もない、売れるキーワードを見極める知識もないという事になりますので、このようなサービスにさえ申し込めないという事になりますから、必ず今回の記事の事をはこなして、「SEOってこういう事なんだ」という実感を持って下さい。それが持てたら、売れるキーワード そうではないキーワード という概念を覚えていく段階になります。そのキーワードのところまでが分かると、SEOなんて突き詰める必要もなく下記のようなサービスに申し込んで、最大限時間の節約をして効率よく検索エンジンの上位表示を狙えば良いのです。

では、頑張ってこの記事の課題をこなしてください!!何か質問などがあればコメント欄に書き込んでくださればお答出来る範囲ないでお答えいたしますので、コメント欄もご活用ください。



posted by SEOが最重要 at 11:04| Comment(0) | SEOの基本は被リンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。